自動車買取相場表

ステージア

ステージアは、全長4.8m級のボディに贅沢な6気筒エンジンを搭載したLクラスのステーションワゴンです。ステージアの特徴は、ベースがスカイラインという走りにこだわったクルマであることにあります。剛性には不利なワゴンボディであるにもかかわらず、そのボディ剛性は高く、リアゲートからの軋み音などは全くありません。エンジンも初代は、BRユニットを搭載し、高質なドライブフィールを実現しています。サスペンションも、スカイラインと同様、凝った設計で、リアにはマルチリンク式のサスペンションが搭載されています。初代ステージアの重心が低く安定感のある高速走行、バランスの良いコーナリングフォームは、当時の国産ステーションワゴンのレベルを凌駕していました。V6となった二代目も、初代同様、スカイラインがベースで、FMパッケージと呼ばれるフロントミッドシップ・レイアウトとして、重量配分にこだわった設計が特徴でした。V型化により、長さの短くなったエンジンを中心寄りに搭載することで、スムーズな回頭性とピッチングの少ないフラットな乗り心地を実現しました。FMパッケージは、初代に比べて全長が35mm短縮されましたが、ホイールベースが逆に130mm伸ばされ、ラゲッジスペースも480Lから500Lに拡大されました。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX