自動車買取相場表

カローラスパシオ

トヨタ自動車が開発しかつて販売していたカローラシリーズの一つである『カローラスパシオ』をご紹介いたします。
この『カローラスパシオ』は初代のE110N型が1997年に販売が開始され、
2代目となるE120N型が2007年まで販売されていました。
クルマとしては当時人気があったミニバンタイプのカローラということで一定の人気を誇りました。
ただ、フォルム的にはカローラとは違った印象を受けるとの評価も当時受けていました。
2代目『カローラスパシオ』の基本性能は、
ボディタイプ「5ドアコンパクトミニバン7人乗り」
エンジンタイプ「1NZ−FE型直列4気筒DOHC(1.5L)・1ZZ−FE型直列4気筒DOHC(1.8L)」
トランスミッション「4速AT」駆動系「FF(前2輪駆動)・4WD」
全長「4,260mm〜4,275mm」全幅「1,695mm」全高「1,610mm〜1,620mm」燃費性能「16km/L(10・15モード)」となっています。
3列シートとしてカローラスパシオは好評でしたが、より居住性が高いシエンタがリリースされたため、
2007年に生産を終了し、後継車としてはパッソセッテが販売されることになりました。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX