自動車買取相場表

プレーリー

プレーリーの初代は、2ボックス3列シートの草分け的存在の車です。プレーリーの特徴と言えば、なんといっても豪快なドアの開き方で、センターピラーレスにより、スライドドアの特徴を最大限に生かしています。プレーリーは、1982年にコンパクトなセダンという位置づけで、当時にはなかったミニバンとして生産販売されました。そして1988年にモデルチェンジが行われ、2代目となりました。その後、1998年にもモデルチェンジが行われて、3代目となり、プレーリーリバティへと車名変更されます。そして1997年には、プレーリージョイが誕生します。この車は、ファミリーミニバンとして、両側スライドドアを持つ5ナンバーサイズモデルになります。145馬力の2L 直列4気筒DOHC16バルブを搭載していて、FF駆動とフルタイム4WDの設定となっています。2-3-2の3列シートと一部に2-3の2列シートを備えたレイアウトを有しています。ラインアップとしては、標準ジョイと、内装に木目パネルと15インチアルミホイールを装着したジョイL、ツインサンルーフ装着最上級のジョイX、特別仕様車のエアロエクスプレスがあり、全車4速ATのみとなっています。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX