自動車買取相場表

パオ

日産自動車がかつて開発・販売していた『パオ』というコンパクトカーをご紹介したいと思います。
この『パオ』という車は1989年にリゾートカーをコンセプトに開発され、
2年間のみ受注生産という形で販売され、納期が1年以上かかるということもあり、
結果的に5万台以上を売り上げたクルマになります。
『パオ』の基本性能は、
ボディタイプ「3ドアセミハッチバック5人乗り」
エンジンタイプ「MA10S直列4気筒IHC(987cc)」最高出力「52PS」
トランスミッション「3速MT・5速AT」駆動系「FF(前2輪駆動)」
全長「3,740mm」全幅「1,570mm」全高「1,475mm〜1,480mm」となっています。
受注生産という形で販売されたにもかかわらず5万台を売り上げたことから
中古車市場に登場する機会も多く受注生産であったというイメージがあまりない車種です。
クルマとしては独特のフォルムを持ちコンセプト通りの車として出来上がり、
一般の人からも受け入れられた珍しい車としても『パオ』は知られています。
ちなみに、『パオ』のデザインは古場田良郎さんがつとめています。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX