車査定 アテンザ

アテンザ

『アテンザ』といえば、マツダが開発するカペラの後継車としてしられています。
この『アテンザ』は2002年に初代「GGES/3S型」が販売され、現在では
2代目となる「GGEFP/5FP/5AS型」が販売されています。
この現行モデルある2代目の基本情報は、
ボディタイプ「4ドアセダン・5ドアハッチバック・5ドアステーションワゴン」、
エンジン「LE−VE型2.0L直4DOHC・LF−VD型2.0L直4DOHC」、
変速機「6速AT/5速AT/6速MT」、駆動系「4WD/FF」。
そして燃費性能についてはカタログスペックで「10km/L」となっています。
上記を見てもわかるとおり、アテンザというモデルでも様々なボディタイプと種類があり、
ユーザーの好みによって基本性能を選ぶことができるということがこの車の特徴です。
また、近年環境対応車であるかどうかということがユーザーにとって非常に大きなポイントになりますが
『アテンザ』も自動車取得税と自動車重量税が50%減額となっています。
ちなみに、この車のユーザーからはこのクラスの車として収納性能が非常に高いとの評価が寄せられています。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX