車査定 シエンタ

シエンタ

シエンタ(トヨタ自動車)の特徴を知っていますか?
トヨタ自動車のシエンタは、ヴィッツシリーズの一つで、3列シートの7人乗りのミニバンです。
そして、一時販売が終了していたけれど、2011年の5月にマイナーチェンジをして、再販されています。
シエンタの特徴は、全長4.1mと日産・ノート、三菱・コルトプラスと同程度なのに、7人乗れるということと、取り回しの良さ、後席のスライドドアが挙げられます。
全長4.1mで7人乗りにするため、全高を1670mmとすることで、アップライト座席にして、室内空間を有効に利用しています。
そして、シエンタの一番の特徴だと言っても良いのが、取り回しの良さ。
車体が小さく、前後左右のウィンドウの下端見切りが小さく、車両周辺の死角が少ないのです。
さらに、運転席からボンネットが見えるので、狭い道路や駐車場でも車両前方が確認しやすく、取り回しが非常に楽です。
このように、運転者の立場で設計されていて、特に女性が運転する機会が多いミニバンの中でも、格別に取り回しが良いでしょう。
そして、ファミリー向けなので、子供が楽に乗り降りが出来、隣の車にドアがぶつからないようにするスライドドアもあり、家族がいる人に最適な車と言えるでしょう。
シエンタに興味を持った人は、販売店に行き、試乗してみるとより、特徴を感じられるのではないでしょうか。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX