車査定

レガシー

富士重工業が生産し、「スバル」のブランド名で展開するレガシー(Legacy)は
同社の看板車種として1989年の発売から現在に至るまで、モデルチェンジを経ながら
根強い人気を誇っています。今日ではスバルといえばレガシー、というイメージが
あるほど知名度が高いレガシーは、当時アメリカへの輸出依存によって経営が
硬直化しており、新聞などのメディアで倒産までささやかれた富士重工業の
経営危機打開策の一環として開発され、バブル時代の波に乗って爆発的なヒットを
記録し、抜群の名声を獲得しました。現在展開されているレガシーは5代目で、
米国の道路安全保険協会から評価項目すべてで「優」を与えられるほどの高い安全性や、
「アイスシルバー・メタリック」のボディカラ―などスタイリッシュなデザインを
損なうことなく、ゆとりある室内空間を実現しています。車名のレガシーは英語で
「遺産」「後世に受け継がれるもの」を意味する「Legacy」に由来しており、
レガシーはその名の通り開発当初から現代まで確かに伝統を受け継ぎ、築き続けています。

>>自動車買取の相場はこちらで詳しい情報を

FX