自動車買取相場表

環境税とグリーン減税

環境税とは、環境改善に設けられたもので、直接支払うわけではありませんので間接税であり、環境という目的の為に支払うわけですので、目的税です。
この税金導入のメリットは1)価格が上昇するので、化石燃料が節約できる。2)価格上昇対策として省エネが促進される、代替促進へのインセンティブ効果が期待される。3)税収を省エネ開発等に使用できる。4)汚染費用を汚染者に負担させることです。

ヨーロッパを中心に税制の見直しが起きていますが、この様な環境の視点に立って税制を見直すことを、税制のグリーン化と言います。この見直しは増税では無く、税のシフトです。
グリーン税制とは、低燃費・低公害車の自動車税・自動車取得税を優遇して、大幅にグリーン減税する一方、新車登録から13年を超えるガソリン車と11年を超えるディーゼル車には自動車税を10%増額するという燃費が多い車には厳しい税金です。

しかし、高燃費の車を低燃費・低公害車に切り替えることで税金が抑えられますので、環境抑止が働き、新しい技術の開発が期待されると同時にビジネスチャンスが生まれます。
この様にグリーン減税は環境破壊の抑止と、雇用の拡大を同時に達成することが可能です。この効果は2重の配当と呼ばれています。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com






FX