自動車買取相場表

地球温暖化対策税による家計負担

地球温暖化に対しては世界的に対策を取ることが急務となっており、日本でも平成24年4月1日に施行された租税特別措置法に、地球温暖化対策税がくわえられました。これは、原油・石油製品、ガス状炭化水素、石炭に対してかける課税額を平成28年4月1日までに引き上げるというもので、これによって該当する品目を使用している事業者はもちろんのこと、石油製品全般に対しての値上がりになりますので、家計負担も増えることになりました。特に、自動車を所有している人の場合、通勤やレジャー、仕事などで車を使うことも多く、ガソリン代が毎月のようにかかっていますので、たとえ課税分がそれほど高くないとしても、長い目で見ると家計負担の圧迫はかなりのものになってます。中でも、毎日のように長距離の通勤をしている人や、仕事などで自家用車を頻繁に使用している人の場合、今度車両を買い換えるときにはできるだけガソリンを使用しない車両に買い換えたほうが良いでしょう。燃料が値上がりする一方で、エコカーを購入したときの減税などもありますので、今後はハイブリッド車や電気自動車など、地球に優しい車を購入する人がさらに増えていくものと見込まれています。



車買取の詳しい情報はこちら

FX