自動車買取相場表

地球温暖化対策のための税の仕組み

地球の歴史は温暖化と寒冷化が繰り返されてきました。
近年問題になっていますのは、急激なエネルギー使用により気温が上昇し、生態系の変化や海面上昇により、島の浸食や人類への悪影響が叫ばれており、地球規模での環境への配慮が重大な問題になってきております。
日本でも国・民間を問わず対策が検討・実施されております。
地球温暖化対策のための税とは、わが国で排出される温室効果ガスの約9割が、二酸化炭素であることから、二酸化炭素(CO2)を削減していこうという取り組みで、2012年6月より導入されました。
その仕組みは税金を引き上げることで、国民に使用量に応じて公平に負担していただくというものです。
税率は、排出するCO2の量に応じて決めますが、急激な負担増を無くすために3段階に分けて引き上げます。
石油の場合は平成24年10月1日より1リットル当たり0.25円、平成26年4月1日より0.5円平成28年4月1日より0.76円の負担となります。
段階的な引き上げが終わった時点での税収は2.623億円の税収が見込まれます。国民1人当たりの負担は月100円・年1.200円となります。
この税収を省エネルギー対策と再生エネルギーへの普及への取り組みを行うと共に、同時にその仕組みはCO2の減少をもくろんだものです。




自動車買取相場表.com

FX