自動車買取相場表

地球温暖化対策のための税の導入

二酸化炭素という物質は、遥かに長い時間をかけて積りに積もった動物や植物等の死骸が地熱等により暖められ、出来上がった有機物の内の一つであり、現在の私たちの経済生活を居住性・利便性等の為に排出されている物の一つであると考えられます。

原子力発電が前停止している今、現在の日本で活躍している主力の発電方法は火力発電となっており、ガソリン車が走る為には、この二酸化炭素の放出は避けて通れない問題です。

しかしこの物質は地球温暖化・オゾン層の破壊・異常気象の発生等で日本だけの問題で済む話ではなく、世界が一致団結して取り組まなければならない問題なのですが、経済的に対策を取りたくても取れない国等がありなかなか難しい問題であると言っても過言ではありません。

そして、様々な国での話合いが行われ日本でも規定された二酸化炭素排出削減に向けて、自動車等の走行に対して、地球温暖化対策のための税という一種の環境税が平成24年10月1日から導入されました。

この環境税の導入はガソリンだけではなく、原油・天然ガス・石炭等の化石燃料全般が対象になり、特定の産業の負担を逼迫させない為に、可能な限り広範囲に出来るだけ浅く負担を分散するという工夫がなされております。

したがって、たとえば一般家庭への負担は一世帯当たり、月に約100円程度と見込まれているのです。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com

FX