自動車買取相場表

抹消登録

車を使用し無くなった時に、手続きを行わなければ税金をずっと支払う事になります。
一時的に使用し無くなった時と、廃車等で永久車を使用し無くなった時の2通りの方法があります。
一時的に使用し無くなった時の手続きとしては、自動車の所有者は毎年税金を納付しなければならないのですが、税金の納付を一時的に止める時に行うか、永久に車の使用を止める前の前段階で行います。対して永久に車を使用し無くなった時とは、記念に展示することは出来ますが、中古車として車を転売することや、公道を走ることが出来ないことです。
廃車手続きの方法を一時使用停止後、解体処理をした後の2段階での廃車手続きで説明します。必要書類の確認として1)車検証2)ナンバープレート2枚に、3)所有者の印鑑証明書に、お店に依頼する場合は委任状が必要になります。
書類を取り揃えたら、陸運局に行き、手続きをします。記入漏れや、ご記入が無ければ一時抹消登録証明書が交付されます。
解体処理が済めば、業者より解体記録日の連絡が来ますので、一時抹消の時に頂いた証明書を添えて陸運局に解体届を提出します。解体届については特に証明書は頂けません、記入漏れやご記入が無ければ廃車手続は完了です。




自動車買取相場表.com

FX