自動車買取相場表

下取り車があることは最後まで内緒にしよう

車を購入する際に現在まで乗っていた車がある場合でも下取り車があることは最後まで内緒にしましょう。
と言うのも、下取りは売却するほうとしては売るという概念があります。
しかし、下取りで車を得る業者はその車は仕入れとなり、仕入れで得た車も相手の儲けの手段となります。
そのため、下取りは新車を買うときの値引きのようなものに利用されてしまうかも知れません。
ともかく下取りは高く買い取ってもらうことが重要となります。
ですから、最初に下取りがあることは言わずに、新車の交渉を進めましょう。
ある程度、思ったように価格交渉が進んだ時点で、下取りに入れる車の情報を伝え、そこから下取りの交渉に入ると良いでしょう。
ただし、下取りの交渉に入るといっても査定をしてもらうことが先決で、通常下取りのある新車購入の場合、ディーラーや取り扱い販売店での下取り価格はものすごく低いです。
相手が言うがままに売却していては当然損となります。
下取りに入れる前に中古車一括査定に出すことで、一番高い査定見積もりを予め出しておくことです。
その査定価格上位の2社に交渉を試み、高値を引き出すことが重要で、その価格を上回る状態で価格交渉をしていくと良いです。
営業マンを敵に回さず味方につけることで下取り価格を高く交渉しましょう。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com





FX