自動車買取相場表

試乗したときに見ておくべきこと

車に試乗するにあたり、見ておくべきことは数多くあります。
まず、車のボディの大きさです。自分の駐車場におさまるサイズでなければ、車を購入しても駐車することさえ出来ません。そのため、車のボディの幅、長さは、必ず見ておくべきです。次に、運転席です。運転席のシートの座面の高さが変えられるかどうかを、しっかりと見ておくようにしましょう。体格が平均的な人であればいいのですが、大柄であったり、小柄であったりすると、座面が高すぎたり低すぎたりします。座面の高さが自分にあっていないと、フロントガラスから広がる前方が見えづらくなります。体格が平均的ではない人の場合、ハンドルの高さを調整できるかどうかも、重要なチェック項目です。これを見ておかないと、運転しづらい事になります。

車が走り出したら、タイヤからの振動も見るべき事柄です。とくに、車に居住性を求める人は、路面の衝撃を拾いすぎないか、横揺れが激しくないかなど、しっかり見るべきです。ブレーキの効きは当然、見るべき事柄ですが、それだけではなく、ブレーキを踏んだ時、前に身体が出てしまうような事がないかも見るべきでしょう。また、シート自体の坐り心地、ホールド感もしっかり見ておくべき事柄です。


自動車買取相場表.com





FX