自動車買取相場表

軽自動車タイプ

軽自動車のメリット、デメリットですが、メリットはまず、維持費が安いことです。乗用車の場合ですとまず自動車税がかなり安いです。例えばやや大きい1000cc以下のコンパクトカーの29500円にくらべると年額で7200円ですから、1年間で22300円も安いわけです。それ以外にも、重量税が年額で、8200円に対して3300円、自賠責保険が2年間で27840円に対して26730円とわずかに安くなっています。更に高速道路の通行料が普通車の8割になっています。ただし首都高速などの都市高速は区分が分かれていないことが多くなっていますが。また任意保険もわずかに安くなっています。それに対してデメリットは、やはり車体がやや小さいことです。この為基本的に4人乗りです。またやや狭く感じます。エンジンの大きさに関する制約も現在のやや大きくなった車体には少し足りないかもしれません。実際に高速道路などやや力不足を感じることもあるかもしれません。しかし規格ゆえのコンパクトな車体は非常に取り回しがよく、狭い道だけでなく狭い駐車場などで使いやすくなっています。普通乗用車に比べると2/3程度の大きさなので、置き場所も困りません。



車買取の詳しい情報はこちら






FX