自動車買取相場表

ステーションワゴンタイプ

自動車の検査証、車検証を見ると車体の形状と言う項目があり、乗用車の場合ステーションワゴンと書かれている車があります。どういう車かと言えば、乗用車として登録されている車ですが、同じ形状の車を貨物車、バンとしても登録されている、あるいは登録できる車の場合、本来なら貨物車としての規格を満たしている、そういう乗用車のことです。要するに貨物車と同じ形状なのでたくさん荷物を詰める車のですが、乗用車として登録されている車と言うことになります。メリットは当然たくさん荷物がつめることです。またシートの数を増やして乗車定員が多いものもよくあります。たくさん荷物がつめて、人もたくさん乗れてとても便利な車なのですが、デメリットはないのでしょうか。車のタイプにもよりますが、例えばセダンをベースにした場合、ベースのセダンより車体が大きく重くなり運動性能等に低下があります。またトランクが独立していないので、騒音がやや大きくなります。ハッチバックの大きな開口部があるので車体の剛性がやや低下します。セダンでは問題なならなかったリアサスペンションの室内への出っ張りがじゃまになるので、コンパクトで簡単の形式へ変更されている場合があります。このように自動車としての性能や快適性がやや犠牲になっている場合があります。



車買取の詳しい情報はこちら





FX