自動車買取相場表

残価設定ローンとは

残価設定ローンは、自動車を購入するときに組むことができるローンのひとつです。
最大の特徴は、3年後の査定額を決めて、購入時の価格からその分を引いた額を支払うことです。
また、最初に決める査定額は3年後とは限らず、ディーラーによって年数は異なります。

このローンには、メリットもあればデメリットもあります。
メリットとしては、月々の支払い額を抑えることができるということです。
通常のローンなら、支払い額によっては新車を購入できなかったり、乗りたい車種に乗れなかったりすることもあります。

しかし、月々の支払い額を抑えることができれば、新車を購入できたり、乗りたい車種に乗ることができるでしょう。
しかも、3年後の査定額が最初に決めた額よりも上回れば、上回った分を返してもらうこともできます。

ですが、もし査定額を下回ってしまった場合は、その分を支払わなければいけません。
また、3年間に事故を起こしてしまったり、キズをつけてしまったりした場合も、査定額を下回る可能性もあります。
そのほかにも、さまざまなデメリットがあります。
ローンを利用するときには、メリットとデメリットをしっかりと理解していないと、あとで戸惑うことになるかもしれません。




自動車買取相場表.com





FX