自動車買取相場表

必ず販売店に支払う諸費用

自動車を購入する際には、車体本体価格とは別に販売店に対して必ず支払わなければならないいくつかの諸費用があります。大きく分けて税金、保険、手数料の3つに分けられます。
税金は自動車税、自動車取得税、自動車重量税、そして消費税です。これらは法律で定められているため、どこの販売店で購入しても支払う金額は同じです。

保険には自賠責保険があります。正しくは「自動車損害賠償責任保険」と言います。「強制保険」とも呼ばれ、法律で義務付けられているため、自動車の所有者は必ず加入しなければなりません。
手数料には、登録費用、車庫証明費用、納車費用、下取り費用、リサイクル料等があります。料金は販売店が設定するため支払う額は違ってきます。この内、納車費用と下取り費用はケースによっては費用がかからない場合があります。

納車費用は、購入した車を販売店が購入者の自宅まで届ける際に請求される費用であるため、自分で販売店まで取りに行けば費用はかかりません。
下取り費用は、「廃車費用」とも呼ばれます。車の購入時に下取りする車がある際に、その下取りする車を廃車する際に請求される費用です。よって、廃車されない場合は請求されることはありません。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com







FX