自動車買取相場表

少しでも税金を節約するには

自動車を購入して維持していくためには、様々な費用が発生します。
購入した時にはもちろん費用は発生しますが、納車後は維持費が色々と発生します。
その中で毎年必ず発生するのが自動車税です。
自動車税は法律で決まっている税金ですので必ず納付しなければなりません。
金額もそれなりに高額なので、ぜひ節約したいところです。
ではどうしたら安く抑えられるのでしょう。それにはいくつかのポイントがあります。
まず1つめは、自動車の排気量が小さいものを選ぶことです。
1000cc以下ですと29500円なのに対して、1000cc超〜1500ccで34500円、1500cc超〜2000ccで39500円と排気量が大きくなればなるほど高額になります。検討する方はあまりいないと思いますが、6000cc超ですと11万1000円とかなり高額です。
そして、軽自動車になると、種類が違いますが、軽自動車税として毎年7200円(2015年4月以降購入の場合は1万800円)とかなり安くなります。
2つめは、グリーン化特例のある自動車を選ぶことです。
グリーン化特例は、ハイブリット車や天然ガス自動車、排ガス規制低減をクリアしている車に対しての減税措置です。
要件によって軽減率は変わってきますが、グリーン化特例が適用されると、翌年分の自動車税が25%〜50%も軽減されます。
3つめは、古い車に長く乗らないことです。
ガソリン車、LPG車では13年超、ディーゼル車では11年超で約10%も重課税されてしまいます。
自動車税は必ず発生する費用で値引き交渉もできませんが、以上の事に気を付ければ節約につなげることができます。


自動車買取相場表.com


FX