自動車買取相場表

自動車重量税とは

自動車重量税とは自動車にかされている税金の一種で、県税として徴収されています。普通自動車などほとんどの自動車に課税されていますが、原付自転車、つまり125cc以下のオートバイは課税されていません。通常は新車登録時に課税されその後は車検ごとに納税します。車検のない軽二輪は新車登録時のみの納税になっています。元々は道路整備の財源として作られたもので、後に暫定税率を改め税額を下げる予定でしたが、現在も暫定税額のまま課税されています。しかしもっとも最近変更では新車登録から13年までの車はやや値下げされ、本則税率にやや近くなっています。現在のところ普通乗用車は、車両重量500kgあたり1年間で4100円となっています。つまり車両重量1000kgの小型車の場合意新車登録時には、次の車検までの3年分を支払うことになるので、24600円納税するとこになります。また3年後の継続検査の時には、2年分16400円を納税することになります。自動車業界などから、自動車に対する過剰な課税であると言う批判があり、消費税10%の改定時に廃止するべきであるという議論もあったが、今のところ重量税廃止は見送られることになっている。



車買取の詳しい情報はこちら

FX