自動車買取相場表

自動車税(軽自動車税)とは

車を購入する際には価格によっては自動車取得税を支払わなければなりませんが、自動車税に関しては価格がどのくらいかは関係なしに必ず納めなければなりません。この税額はその自動車の所有者が納めなければならないものであり、期間としては毎年4月1日に納めなければならず、更にはその自動車の車種や用途、排気量によってその納めなければならない税額が決められます。

まずはその自動車が一般的に自家用として使われるものか業務用として使われるかで分かれて、基本的には業務用の場合は自家用よりも納める税額が少なくなっています。その後はその自動車の車種によって決められ、乗用車かトラックか軽自動車かによって分かれ、乗用車の場合には排気量、トラックの場合には最大積載量を目安にして金額が決められます。基本的に乗用車が最も支払う金額が高くなる可能性が高く、逆に軽自動車は最も支払う金額少なくなります。

ただ、軽自動車の場合は一般の税ではなく軽自動車税として判断されることになります。これで何が変わってくるのかというと、一般の方は都道府県税として計算されるのですが、軽自動車税は市町村税として計算されます、よって軽自動車の方は市町村によってその税額が変わってくるということになるということです。



車買取の詳しい情報はこちら



FX