自動車買取相場表

節税するには

自動車は購入する際にその購入価格が50万を超えていると自動車取得税を支払わなければならなくなります。基本的にその税額は購入価格の5%程度ということになっているので、単純計算で価格が高ければ高いほど支払う金額も多くなるということです。車は人生で高い買い物ではあるのですが、出来ればこの税額を安く済ませたいものです。では実際に節税として自動車取得税を安く済ますのならどのようにしたらよいでしょうか。まずこの購入価格というのは自動車だけでなくオプションの価格も含まれています。なのでオプションを購入して50万個得たら自動車が50万以下でも自動車取得税はかかるということになってしまいます。なのでオプションをつけるのなら一旦自動車だけを購入して後付けをすれば自動車取得税を支払わないようにすることが可能となります。購入する自動車が50万超えていても、オプションを後つけすればその分の取得税はなしで済むので活用しましょう。ただしオプションの中にはメーカーオプションとして購入時にしか取り付けをすることができない種類のものもあります。税は出来るだけ抑えたいところですが、今後自動車を使う上でメーカーオプションが役立つ可能性もありえるので、その辺りは税額とオプションの便利性を釣り合って考えてみましょう。



自動車買取相場表.com

FX