自動車買取相場表

自動車取得税とは

世の中税金で支えられているから仕方がないかも知れません、自動車取得税とは50万円以上の車を取得した場合、取得価格に応じて都道府県が課す税金です。(50万以下の場合は無税です。)
普通車の場合は取得価格の5%・軽自動車の場合は取得格の3%が課税されます。

取得価格に含まれるものとしては、ラジオ・ステレオ・エアコン等、自動車と一体の物は取得価格に含まれますが、スペアタイヤ・シートカバー・マット・工具等の付属物は取得価格に含まれないことになっています。
無償で取得した場合屋、縁故者から格安で購入した場合は通常の取引価格が取得価格になり、中古で取得をした場合は、残価率表で計算されます。

低公害車の場合は、税額を軽減する特別措置があります。
国・都道府県が取得する車は非課税です。
身体障害者が取得する車や、身体障害者が通院する為に利用する車については市町村によっては条例によって減免の措置をする都道府県が多いようです。

購入から1ヶ月以内に不具合により返品をした場合、納めた税金が還付されます。
かねてから自動車を購入した場合の税金と、消費税と2重課税が問題になっていましたが、消費税が10%に引き上げになる2015年10月を目途に廃止の方向が固まったようです。
この事により、消費税が増額になっても購入の影響を受けないことになります。



車買取の詳しい情報はこちら

FX