自動車買取相場表

自動車取得税について

車はとても大きな買い物です。車自体が高額であることに加え、それ以外にも沢山の税金を支払わなければなりません。車両以外にかかる価格の種類には、一体どんなものがあるのでしょう?
まず、車を手に入れるとき、車両本体価格に対して消費税と取得税を支払います。車を所有している間中、毎年自動車税(又は軽自動車税)を支払い、車を買ったときと車検の時に自動車重量税を支払います。その他にも、ガソリンや場合によっては駐車場にもそれに伴う税金を支払わなければなりません。エコカー減税により、これらの税負担が多少軽減されていますが、まだまだ大きな負担であることに変わりありません。

それでは、自動車取得税について考えてみましょう。自動車に関する様々な税金の中で、比較的わかりやすいものではないでしょうか。50万円を越える新車、又は中古の自動車を買ったときに、その車両価格の3〜5%に、一定の条件による減算を加えた金額を支払います。1年経つごとに減算されるので、中古自動車の場合は取得税が発生しない場合もあります。
車を買ったときに、取得税と消費税を払わなければならないので、二重課税であることが問題になっています。消費税の値上げに合わせて、段階的に取得税を廃止していくことが検討されています。
現在制定されているエコカー減税により、排出ガスや燃費が一定の基準に達した車については、取得税の全額免除、又は75〜50%の軽減措置が行われています。


車買取の詳しい情報はこちら






FX