自動車買取相場表

自動車税と自動車重量税は比例する?

自動車税と自動車重量税の違いについて、根本的にまず違うのは課税するところがどこかということです。前者は都道府県ですし、自動車重量税は国土交通省つまり国税になります。税収自体が前者は地方税、後者は国税ということでまったく別のものです。

さらにいうと、前者は排気量でかなり細かく分けられていて地方税法で定められているのに対し、自動車重量税とは税額を決定している法律が根本的に違うので、比例することはありません。
なお、前者は毎年4月1日に所有する者に対して課税されその1年間分を納税しますが、自動車重量税は車検時等に支払うので、払うべき時期も違います。

ただし、前者は車検時に完納していなければ納税証明書の発行がされませんので、車検を受けれなくなります。廃車にするから払わなくていいという考えは誤りで、廃車しても抹消登録を行った月分までは課税されますので、当然払わなければいけません。この場合、基本的にはまず最初の納税通知書で1年間分を払った後で、廃車登録つまり抹消登録をしたらその情報が都道府県の税事務所に行きますので、その情報を元に減額処理され、月割りで抹消月の翌月分以降を還付するようになります。
このように課税制度自体が大きく異なっています。



自動車買取相場表.com



FX