自動車買取相場表

明かりや弱くなったら

長い間、緩慢と乗り続けているとどんどんパーツの劣化を感じるようになってきます。そのまま同じ自動車に乗り続けていると走行中にパーツが故障するなどのトラブルにあうこともあるので、出来ればそうなる前にパーツ交換などを行って性能を維持するようにしなければなりません。例えば自動車のライトは使えば使うほどカバーが黄ばみ、ランプの寿命も近づいてくるので、だんだん明かりが弱くなってきてしまいます。兆候が見え始めてきた段階で交換できれば一番良いのですが、もしも走行中にライトが付かなくなってしまった時はどうすれば良いのでしょうか。

自動車のライトが走行中に切れてしまったときは暗闇の中を走行しなければなりません。当然無灯火運転は法律違反ですし、そもそも無灯火運転だと前方の障害物などに気付くことが出来ないので、そうなった時はちょっとした工夫で応急手当をしましょう。自動車のライトは通常のライトの点灯とハイビームが利用できますが、通常ライトのランプが消えた時はハイビームにしてライトの上部をガムテープでふさぐことで擬似的な通常ライトにすることが出来るそうです。当然このまま使い続けるわけには行かないので明るくなったら専門の業者に依頼してライトの交換を依頼しましょう。



自動車買取相場表.com


FX