自動車買取相場表

冷却水漏れが起こりやすい箇所

エンジンを冷却する役目を担っているラジエーターですが、冷却水漏れを起こすことで、エンジンが過熱して、オーバーヒートしてしまいます。こういった事態を引き起こす、冷却水漏れですが、漏れやすい箇所が存在します。これを知っておくことがご自分で点検するときの目安となって、冷却水漏れを早期に発見することに繋がります。引いてはエンジンのオーバーヒート防ぐことにもなるのです。まずはラジエーター本体です。自動車を走らせていると小石などが車体に当たることがありますが、その時、ラジエーターに当たって穴があいて冷却水が漏れるというわけです。次にラジエーターホースなどのホース類です。ホース類はゴムで出来ているので、ゴムが劣化することでひび割れてその隙間から冷却水が漏れるというわけです。また、ホール類の継ぎ目のクランプの緩みが原因の場合もあります。そして、ウォーターポンプは長く使っていると、回転部がガタついてくることがあり、そこから冷却水が漏れることがあります。このようにさまざまなところから冷却水は漏れる可能性はあります。定期的に点検して、冷却水が減っていないか、漏れがないか、車体の下に水たまりはないか、異臭はしないかなどを確かめるようにしてください。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX