自動車買取相場表

故障はトラブルの元

自動車の部品は走行しているうちに常に消耗していきます。エンジンは自動車の動力としての役目を担っているため、消耗してきたときの症状の出方が顕著です。
エンジンの不具合の代表的な原因の一つとして点火プラグの不具合、寿命というものがあります。点火プラグはエンジンのシリンダー内で炎や圧力にさらされるという過酷な環境に置かれているので、エンジンの部品の中では比較的不具合が出やすいです。

点火プラグの不具合の主な症状としては、エンジンがかからない、エンジンストールするようになる、高速で走っている時や急加速するときにパワーがなくなると言った症状です。ただ、点火プラグの不具合の原因のほとんどが整備不良、メンテナンス不足、点火プラグの不適切にあります。プラグの締め詰めが甘かったり、締め付けすぎていたり、整備中にボルトなどの異物がエンジン内部に落としていたりといった具合です。整備中に細心の注意を払うことや規定トルクを守ることが重要です。
点火プラグも消耗品ですから、いつかは寿命がやってきます。点火プラグの交換時期は、一般乗用車で15,000km〜20,000km、軽自動車で8,000~10,000kmと言われています。

寿命の過ぎたスパークプラグを使い続けることで他の部品を傷めたり、パワーの低下、燃費の悪化を招きますので、まめに点検して交換時期ではないか確認する必要があります。


自動車買取相場表.com



FX