自動車買取相場表

燃費との関連性

近年の自動車の性能は非常に高くなっていますが、それでも長い間使い続ける事によってどんどんパーツが劣化していきます。当然劣化したパーツは故障しやすくなり、自動車の性能を大きく落とす事にも繋がるので注意が必要です。例えばエンジンに用いられる点火プラグも度重なる使用によってどんどん劣化していくパーツの一つで、使い続けるごとに汚れが蓄積してまず始めに燃費に悪影響を及ぼす事になるそうですが、一体どうして燃費が悪くなってしまうのでしょうか。

自動車の点火プラグはエンジン内でガソリンを燃焼するための火種として用いられ、エンジンを動かしている間何度も火花を散らしてガソリンを燃焼させています。その働きは長年点火プラグを使い続ける事によって付いてくる汚れや磨耗によってどんどんと悪化していってしまい、最終的には上手く火花がつかなくなってしまいます。そうなるとエンジンを動かしている間効率よくガソリンを燃焼することが出来なくなり、燃費の悪化に繋がってくるのだそうです。最近の自動車は技術進歩によって多少の効率低下があっても運転することが出来る分以上の発見が遅れがちなので、最近給油の頻度が多くなってきたと感じたときは本格的なメンテナンスを受けてみるのも良いかも知れません。


自動車買取相場表.com


FX