自動車買取相場表

トラブルの原因をチェック

走行中に車に起きる最も危険なトラブルの一つにタイヤの脱落と言うものがあります。
ホイールナットのトラブルはそのタイヤの脱落に繋がりかねない重大なトラブルです。
ホイールナットに関するトラブルには様々なものがありますが、どれもタイヤの取り付け時に気をつけたり、こまめに点検したりすることで、簡単に防ぐことができます。

まずよくあるトラブルは締めすぎ、緩みすぎです。これはタイヤを取り付ける際に、メーカーが設定している規定トルクを守ることで防げます。トルクとは締め付ける強さのことです。仮止めの時に緩めに締めておき、本止めの時に規定トルクに設定したトルクレンチを使うだけで、締めすぎ緩みすぎはぐっと減ります。後は定期的にナットの締まり具合をチェックするだけです。

後は締め付けに関するトラブルで、ボルトに対してナットが斜めにしまってしまうというものがあります。これは金属疲労でボルトが折れたり、タイヤ交換時にナットが抜けなくなったりして大変危険です。これは主に仮止めなしにいきなりインパクトレンチで締めてしまうことが原因です。これは必ず手で仮止めをすることで防げます。最後にナットそのものがさびてしまうというトラブルがあります。これはホイールキャップを使ったり、ナットをまめに交換することで防げます。


車買取の詳しい情報はこちら


FX