自動車買取相場表

修理後のタイヤはどうする?

万が一、自動車で走行中タイヤがパンクしたら、その場でスペアタイヤに交換するなり、ロードサービスに依頼するなりし、その後、パンク修理を業者に依頼するでしょう。
そのパンク修理した後のタイヤと言うのは、修復歴のないタイヤよりも信頼性に劣ることになります。かといって、一度パンクしたら、なるべく早く新品タイヤに交換した方がいいというわけではありません。それまで以上に気をつけて、使っていればタイヤの寿命まで持たせることだって十分できるのです。パンク修理後のタイヤはそれまで以上に空気圧の管理に注意しなければなりません。多すぎても、少なすぎてもバーストの原因となり危険です。また、タイヤローテーションの時も、前輪駆動車の場合、前輪にとくに負担がかかるので、パンクしたタイヤをフロントタイヤに回すのは控えた方がよいでしょう。
前後輪同士それぞれローテーションするのがよいでしょう。パンク修理後のタイヤで一番注意したいのは、縁石などの段差です。段差を乗り越えるのも、下りるのも避けた方がよいでしょう。また、急発進、急ブレーキ、高速道路での走行もタイヤに負担がかかるので、控えるべきです。修理したタイヤも気をつけることで、その後も寿命まで履き続けられますので、買い替えを考えるのはまだ早いのです。



自動車買取相場表.com


FX