自動車買取相場表

タイヤの損傷を発見したら

タイヤのパンクは事故に発展しかねない大変危険なものですが、場合によってはパンクする前にその損傷を発見することができることもあるでしょう。損傷を発見したらまずすべきことと絶対にすべきではないことがあります。損傷を発見したらすべきことは、空気圧のチェックです。適正空気圧より極端に減っていないかどうか。一度空気を入れてみて、そこから抜けてこないかどうかをチェックします。そして空気が抜けているようなら、スペアタイヤに履き替え、そのタイヤをパンク修理に出します。ただし、サイドウォールが損傷していた場合、修理できてもそのまま走るのは危険ですので、買い替えが必要です。一方、絶対にしてはいけないことがあります。それは、釘などが刺さっていた場合、その刺さっているものを抜くことです。これはパンク修理の際、修理の成功率、修理できる可能性を下げてしますからです。また、当然のことですが、損傷を発見しても、そのまま無視して走り続けるのはやってはいけません。万が一走行中にパンクした場合、自己に発展する可能性もありますし、バーストした場合、ホイールや足回りや駆動系ごとダメージを受けてしまう可能性があるからです。タイヤの損傷の早期発見のためには、定期的な点検がカギを握ります。


車買取の詳しい情報はこちら



FX