自動車買取相場表

モータースポーツでも取り入れられている

今日では日常生活で車を運転する際、パワーステアリングは欠かすことができなくなりました。一方、常に速さを求めるモータースポーツの世界でも欠かすことができなくなりつつあります。F1などダウンフォースを発生させるレーシングカーは高速であればあるほど上からマシンを押さえつける力が強くなります。加えて、レーシングタイヤは一般用とは違い大半は溝がなく、温まった状態では、タイヤと路面が張り付いた状態になります。

その状態のマシンのハンドルを切るのはドライバーにとって決して楽なことではありません。それでもトレーニングを重ねたドライバーにとって、パワーステアリングなしハンドルを切ること自体は苦としないそうです。ただ問題なのは最大5G(重力の5倍)と言われる強烈な横に遠心力です。その力で切ったハンドルが押し戻されていきます。そこで必要となるのがパワーステアリングなのです。このアシストの力を利用することでドライバーはコーナーリング時にハンドルをキープすることができるのです。このことから、一般車とレーシングカーではパワーステアリングを用いる目的が全く異なることが分かります。
ちなみに電子制御が禁止されているF1などの車両では油圧式のパワーステアリングが用いられています。



車買取の詳しい情報はこちら




FX