自動車買取相場表

オイル切れに注意する

自動車のエンジンの出力はトランスミッションをとしてタイヤに伝わります。そのトランスミッションは様々な部品によって構成されており、金属部品を潤滑に動かすために、様々な種類のオイルが使われています。ギアの変速を担当するミッションにはミッションオイル、スムーズにカーブを曲がる為に左右のタイヤに回転差を生みだすディファレンシャルギアにはデフオイル、マニュアルトランスミッションの場合は、クラッチを動かす際に使われるクラッチオイル、オートマチックトランスミッションの場合はクラッチの代わりにATFと言われる動力を伝える為のオイル、ドライブシャフトにはドライブシャフトオイルが使われます。トランスミッションに使われるオイルのほとんどが、歯車が潤滑に動くようにする役割を担っています。これらのオイルはオイル切れすなわちその部位の損傷、走行不能です。トランスミッションに関わるパーツには高価なものが多く、損傷部位によっては、エンジンや足回りも巻き込んで損傷させてしまうものもあるので、オイル切れを防ぐために、定期的な点検や普段から異音がしないか注意を向けておくことが大切です。
ただ、早すぎるオイル交換は環境への配慮という観点から控えるべきです。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com

FX