自動車買取相場表

最新技術で欠点を改善

パーツや外装、性能等、自動車に関する技術は日々進歩していますが、その中でも進歩が目覚ましいものの一つにトランスミッションの技術の進歩があります。ひと昔前は、マニュアルかオートマチック化の2択しかなかったのですが、最近はオートマチックトランスミッションの中でも使われている技術によってさまざまな種類があるのです。代表的なのはセミオートマチックトランスミッションです。これは疑似的マニュアルの操作を体験できるもので、オートマチックでありながら、自分で使うギアを選ぶことができます。もちろんクラッチ操作は自動車がコンピューター制御でやってくれます。これに続いて現れたのが、無段階変速機(CVT)と言うものです。これは従来のギアの組み合わせを変更して変速するタイプと異なり、連続的に無段階で使用するギア比を変更することができるものです。この機構により、エンジンの回転数とは関係なく出力を取りだすことができるようになりました。しかし、この機構の特性上駆動力の損失が従来のものより大きいという欠点があります。
高級スポーツカーを中心に搭載されているのが、デュアルクラッチトランスミッションと言うものです。これはクラッチが奇数ギアと偶数ギア二つ付いており、交互に使うことでスムーズなシフトチェンジを実現するというものです。


自動車買取相場表.com


FX