自動車買取相場表

パンク修理とローテーション

自動車を運転していれば、タイヤは摩耗していきます。ときには思わぬパンクに見舞われることもあるでしょう。そうして修理したタイヤも他のタイヤと同じく摩耗し、同じ車輪で使い続ければ、摩耗に偏りが出てきます。そうした時に行うことになるのが、タイヤローテーションです。しかし、一度パンク修理したタイヤをローテーションしても大丈夫かという不安も出てくると思います。新品のタイヤに履き替えるのが、一番ですが、パンク修理をしても、サイドウォールの損傷などタイヤの信頼性を致命的に損なうダメージを受けていない限り、タイヤの寿命までは履くことができますので、経済的にも、環境への配慮の面でもそのまま履き続けたいものです。まず、前輪駆動車の場合、パンク修理したタイヤを前輪に持ってくるのは控えた方がいいです。よって、前輪同士、後輪同士のローテーションにとどめておくのがいいでしょう。前輪駆動の場合、ただでさえ前輪に後輪よりも負担がくるので、通常よりも信頼性の落ちたパンク修理後のタイヤを使うことは新たな損傷を招きかねません。後輪駆動車や四輪駆動車の場合は前後輪どちらも負担は大きく変わりませんから、通常どおり、タイヤローテーションをしてもかまわないでしょう。



車買取の詳しい情報はこちら


FX