自動車買取相場表

ローテーションの目安

タイヤは使い続けるごとに消耗していきます。消耗が進めばその分グリップ力も弱まり事故などを起こし安くなるためある程度使いこんだ後は新しいタイヤに交換しなければなりません。しかしタイヤの消耗の仕方は前輪と後輪で異なり、それぞれ偏りが出ているため、タイヤローテーションによってそのバランスを調整することでタイヤの寿命を延ばす事が出来るそうです。タイヤローテーションを行う際は一定の走行距離を基準にするとバランスよくタイヤを使うことが出来るので、目安となる走行距離を走ったらタイヤローテーションを行いましょう。

タイヤローテーションを行う際はある程度タイヤを使い込んでから行いましょう。細かい感覚で行ってもいいですが、さすがに何度もタイヤの位置を入れ替えるのは手間なので、タイヤがある程度消耗する感覚に合わせて行うようにしたほうが面倒も少なく済みます。一般的な乗用車の場合は走行距離にしておよそ5千キロから1万キロあたりが平均的なタイヤローテーションの目安とされているので、そのくらいの距離を走ったら暇な時にでもタイヤローテーションを実行してください。なお作業中にスリップサインが確認できた時は作業を中止して新しいタイヤを購入したほうが良いでしょう。



車買取の詳しい情報はこちら


FX