自動車買取相場表

タイヤの溝と空気圧の関係

車の安全性や燃費に大きな影響を与えるタイヤですが、日々摩耗していく溝と合わせて注意して見ていただきたいのが、空気圧です。実はタイヤの溝と空気圧には密接な関係があるのです。タイヤメーカーはそれぞれのタイヤに適正空気圧と言うものを設定しています。タイヤはこの適正空気圧の時にもっとも性能を発揮します。これより低い空気圧で走行している時、タイヤがたわんでしまい、適正空気圧の時より溝の幅が狭くなります。

この状態でなにが起こるかと言うと、雨天時にはハイドロプレーニング現象が発生する危険性が増します。また、スタンディングウェーブ現象と言うタイヤがたわんで発熱し、バーストする現象が起こる可能性があります。他にも適正より空気圧が低い場合、溝がタイヤの両側から減っていき、逆に高い場合タイヤのセンターから減っていきます。溝が減っている場合と同じく、空気圧が適正ではないとスリップしやすくなったり、燃費にも影響を及ぼしたりします。ハンドルが重くなったり、車の揺れ方にも影響を及ぼしたりします。

車での走行に影響の多い空気圧ですが、メンテナンス方法は簡単です。お近くのカーショップやガソリンスタンドで補充調整できますし、時間もほぼかかりません。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX