自動車買取相場表

溝と寿命の関係性

ここ最近の自動車は耐久性が大きく向上し、多少のパーツの劣化程度では走行不能に陥ったり大きな性能低下を引き起こさなくなってきたといいますが、それでも限界以上に使い続ければ色々なパーツが故障したり本来の性能を発揮できなくなってしまいます。そうした使い続けるごとに劣化するパーツの一つとして特に分かりやすく劣化の兆候が現れるのがタイヤで、溝の深さが浅くなればなるほどタイヤの寿命は短くなっていきます。果たしてタイヤの溝の深さがどの程度まで浅くなればそのタイヤは寿命といえるのでしょうか。

自動車のタイヤの溝は使えば使うほどどんどんと浅くなっていきます。始めのうちは多少浅くなっても草稿には問題ありませんが、スリップサインと呼ばれる溝が浅くなったことを知らせるサインが表れた時はタイヤの寿命に達したと考えて良いでしょう。そのころにはタイヤの溝の深さは既に半分以下にまで減少している可能性が高く、特に雨天時のグリップ力が著しく低下していると思われるので注意が必要です。溝が浅くなったタイヤは一見すると問題ないように見えるので新しいタイヤを購入するのはもったいなく感じるかもしれませんが、想像以上に性能は低下しているので雨天時にそのタイヤで運転する前に新しいタイヤを一式買い揃えてください。



自動車買取相場表.com




FX