自動車買取相場表

悪天候におけるタイヤの性能の重要性

タイヤの性能はメーカーやグレードによるところも大きいですが、一般道を走る上で最も気をつけておきたいのは溝の深さです。溝の深さは晴天時の走行での燃費などにもちろん影響しますが、悪天候ではより大きな影響を及ぼしてきます。雨天の時は、晴天時よりも路面の抵抗が少ないため、溝が浅くなっていると、スリップやタイヤロックの原因となります。溝が浅くなっている状態で、雨天を走るとき最も警戒すべきなのは、ハイドロプレーニング現象です。この現象は雨水が路面とタイヤの間に入り込んで、車体が水に浮いているような状態になるので、溝が浅いと、より入り込みやすくなり、この現象に遭う可能性が上がるのです。

また、積雪の下路面を走る場合は、雨天時よりさらに路面の抵抗が少ないので、溝が新しい状態でも非常に滑りやすいです。その上、溝が浅いと、タイヤのグリップが落ちているので、より滑りやすくなったり、溝の間に雪が入り込み路面としっかり接地できなくなったりする恐れもあります。このように、悪天候を走る際は、タイヤの溝が非常に重要です。スリップサインが出た状態のタイヤで走るのは危険です。タイヤの交換時期を迷った時、走る可能性のある最も悪い天候を想定してみてください。



車買取の詳しい情報はこちら


FX