自動車買取相場表

浅い溝には注意する

時代と共に自動車の耐久性はどんどん向上していき、今では相当長い間同じ自動車に乗り続けることが出来るようになりましたが、当然ながらタイヤを初めとする各パーツは長く使い続けることで劣化していきます。タイヤの溝はタイヤの劣化を示す指標として特に分かりやすいものとして知られており、長く使い続けたタイヤは地面に削られることで少しずつ溝を浅くしていきます。タイヤの溝が浅くなった時走行時に色々な悪影響が表れますが、一体どのような形で運転時に悪影響が表れるのでしょうか。

タイヤの溝が浅くなった時一番大きな変化が表れるのが雨天時のグリップ力です。タイヤの溝が浅くなる事によって隙間に入り込む水の量が減って地面とタイヤの間に残る水が増える事によってグリップ力が購入したての時よりも大幅に低下してスリップなどの原因となってしまいます。タイヤにスリップサインが表れる時点でタイヤの溝の深さは半分程度にまで浅くなっているといわれているのでグリップ力は想像以上に下がっていることでしょう。当然グリップ力が少なくなれば事故が起こる可能性も相当高くなるので、常に安全運転を続けるためにもタイヤの溝の深さには十分注意するようにしてください。



自動車買取相場表.com


FX