自動車買取相場表

タイヤの亀裂とスローパンクチャー

タイヤに亀裂が入っている場合、軽いものの場合は普通に走行できるでしょうが、場合によっては、スローパンクチャーを引き起こすことがあります。スローパンクチャーは見た目に分かるものもありますが、わからないものもあります。わかる物の場合はタイヤつぶれているのですぐにわかります。タイヤの見た目からスローパンクチャーを起こしているかわからない場合、運転の際、ハンドルの感触、タイヤからの異音はないかと言ったことに注意を向けて走行しなければなりません。特に亀裂の入ったタイヤの方にハンドルが取られないかに注意を向けて走るといいでしょう。何か異常を感じとったらすぐに停車し、スペアタイヤに履き換え、タイヤをパンク修理に出すかタイヤを買い替える必要が出てきます。異常がなければ、そのままタイヤの寿命まで履き続けても大丈夫でしょうが、運転中は注意を向ける必要はあります。時間が経過することによって、亀裂が広がったり、別のところに亀裂が入っていたりする可能性があるからです。ただサイドウォールに亀裂が入っている場合、初期症状としてスローパンクチャーが発生する場合もありますが、場合によってはいきなりバーストする可能性もあるので特に注意が必要です。



自動車買取相場表.com


FX