自動車買取相場表

修理をして亀裂の解消を

自動車の重量をたった4輪支えているタイヤは丈夫に作られていますが、様々な理由で傷ついてしまうことがあります。軽度のものであれば、放っておいても大丈夫でしょうが、部位によっては修理の必要があったり、修復が不可能又は修理してもそのまま走行するのが危険で買い替える必要があったりすることがあります。また、修理できる場合でも修理できる範囲が決まっています。修理できる範囲は乗用車用タイヤなどとトラック用やバス用タイヤなどとでは異なります。

さらに修理できる損傷はタイヤの組織に達していない損傷や釘などによる損傷で修理できる範囲以内の損傷に限られます。一方、修理できない損傷はスリップサインなどが出たタイヤ、ショルダー、サイドウォールなどの部分に損傷があるタイヤ、修理することができる範囲を超えた個所に損傷があるタイヤ、タイヤの組織が切断などされたタイヤなどといったものです。損傷を修理できたタイヤに関しても注意点があります。いくら損傷を修理できたと言っても元通りになったわけではありませんから、無理な負荷をかけないようにすること、できれば前輪には使わないことです。これは一度損傷を受けたタイヤは修理した個所やその周りが再び損傷を受ける可能性があるからです。



車買取の詳しい情報はこちら




FX