自動車買取相場表

オイルの役割を把握する

エンジンにとってエンジンオイルは人間に例えると血液のような役割を果たしています。なぜかというと、エンジンの部品のほとんどは金属でできており、エンジン内部では、絶えず、シリンダーとピストンを初めとした、部品同士が摩擦しています。それらの潤滑油としての働きをするのがエンジンオイルの第一の働きです。もしエンジンオイルがなければ、金属同士が激しくぶつかり合い、最終的には部品の破損、発火の原因となります。

先に、少し触れたように、エンジンオイルはエンジン内の温度が上がりすぎないようにするという、冷却の役割をはたしている事も忘れてはなりません。これはエンジンオイルが徐々に減っていく原因の一つなのです。エンジンオイルも液体には変わりませんから、エンジン内の温度が上がれば蒸発していくわけです。また、エアフィルターで取りきれなかった埃などを吸着する役割も果たしています。これがエンジンオイルの汚れの主な原因です。

このエンジンオイルが減っていたり、汚れていたりする状態を放置すると、部品の破損、発火などの走行不能の原因となったり、燃費が悪化するという結果を招くことになるのです。このように、エンジンオイルはエンジンに直接かかわる重要な役割を果たしているこの、注ぎ足したり、交換したりすることを忘れてはなりません。


車買取の情報なら自動車買取相場表.com


FX