自動車買取相場表

エレメントと環境配慮

エンジンの潤滑油の役割を果たしているエンジンオイルをろ過する役割を担っているのがオイルフィルターですが、一般にオイル交換2回に1回のペースで交換するのがいいとされています。距離にして、オイル交換は5000kmに1回、オイルフィルターは10000~12000kmに1回です。しかし、一部ではこれは頻繁すぎるし、環境への配慮が足りないという指摘があります。確かにアメリカ、ヨーロッパを例に挙げると、2~3万kmに一度のオイル交換でオイルフィルターはオイル交換2回に1回又は年に一回の交換を推奨されているメーカーが多いです。

さらにオイルフィルターは新品の状態では目が粗く、細かいごみを通し、10000~12000km走行後に程よく詰まってきて、適正なフィルター機能を発揮するものと言う話もあります。

これと上の一般的に言われている交換時期を照らし合わせると、効果を発揮する時期に捨ててしまっていることになります。これでは非常にもったいないことになりますし、産業廃棄物処理にかかるコスト、部品製造コスト、原料となる資源の無駄遣いと言うことにもなります。上の例はあくまで海外の例なので、日本の例と一概には比べられませんが、日本の自動車製造技術を鑑みると、日本車にもある程度当てはまると言えそうです。整備工場には、オイルやフィルターの劣化度合いを検査できる設備もあるところもありますので、そういうものを参考にして、オイルやフィルターの交換に関しても環境に配慮してみてはいかがでしょうか。


車買取の詳しい情報はこちら


FX