自動車買取相場表

エレメントの種類をチェック

車のエンジンの潤滑油の役割を果たしているエンジンオイルをろ過する役目のエレメント(オイルフィルター)ですが、車種によって使うものが違うほか、ろ過する方式によって大きく分けて3種類あります。1つ目はフルフロー方式と呼ばれ、エンジンから落ちてきてオイルパンに溜まったエンジンオイルをすべてポンプで吸い上げてろ過する形式です。

この方式の場合フィルターが目詰まりした場合、バイパスを通して汚れたままのオイルがエンジン供給されます。つまりフィルターを交換しない限り、汚れたオイルが循環するのです。2つ目はバイパス方式と呼ばれ、オイルが溜まったオイルパンの一部を吸い上げ、ろ過して、ろ過したオイルはそのままオイルパンに戻されます。そしてエンジンに供給されるオイルはフィルターを通さずオイルパンから直接供給されます。いわば、間接的にろ過したオイルを供給するので、フルフロー方式よりも信頼は落ちることになります。

3つ目はフルフロー方式とバイパス方式を合わせたもので、主にディーゼルエンジンに用いられます。ちなみに最近のオイルフィルターはフィルター部のエレメントと呼ばれる部位だけではなく、それを外側から覆っている部位ごと交換するようになっているものがほとんとです。


自動車買取相場表.com


FX