自動車買取相場表

レーシングカーにおけるエアクリーナーの影響

一般道を走る乗用車の場合最も重視されるのは燃費、耐久性すなわち交換時期の長さです。
当然、エアクリーナーもこれ考慮して設計、製作されるわけです。
ただこれが、速さを競う自動車レースの現場となると話がまるで変わってきます。レーシングカーは、一般車と要求されるものが全く違い、それはすなわち速さです。
この話をエアクリーナーに当てはめて考えると、一般車では流れ込んでくる空気をどれだけ綺麗にできるかが重要ですが、レーシングカーでは、それは単なる空気抵抗にしかなりません。その抵抗の分だけ、馬力をロスしている訳です。そういうわけですので、一般に用いられる乾式は用いられることはなく、より抵抗の低い、方式を採用しているわけです。また、高速走行している際、もっとも大きな抵抗になっているのがエアークリーナーでして、この抵抗を軽減するために、フィルター前とフィルター後の圧力差を小さくするラム圧と言われるものを取り入れたエアロパーツが用いられます。これはより良い吸気効率を目指そうとするものです。この技術は一般車向けにもフィードバックされ、取り入れている自動車メーカーもあります。エアークリーナーはエンジンに異物が入らないのに役立ってくれますが、レーシングカーにおいては、そこに生じる抵抗をどう処理するのかという一つの課題となるわけです。



車買取の情報なら自動車買取相場表.com

FX