自動車買取相場表

エンジンの性能を落とさないために

車のエンジンの性能を落とす原因としては、さまざまなものが考えられます。
例えば、エアクリーナーの汚れ、エンジンオイルの汚れ、カム、ピストン、シャフトなどの部品の摩耗などです。ここでは、最初にあげたエアクリーナーの汚れについて取り上げていきます。エアクリーナーは車が走っていれば、運転の良し悪しにかかわらず、必ず汚れていくものです。これが汚れていくと、エンジンの吸気機構からシリンダー内に入った空気に不純物が入り、エンジンの燃焼効率が下がり、燃費が悪化します。これを放置しておくと、極端な例ではありますが、エンジンのピストンに隙間にゴミが挟まるなどして、燃焼不良やエンジンそのものの破損という事態に至ってしますこともあります。

また、エアクリーナーがむき出しのタイプの車では、埃やごみ以外に虫がくっついてしまうことが多々あります。これもエアクリーナーの痛みやエンジンそのものの性能低下に繋がります。このようにエアクリーナーはエンジンそのものの部品ではないがために、車検のときくらいしかあまり注意をひきませんが、メンテナンスは重要です。方式によって交換時期は異なるため、一概には言えませんが、一般に5万キロに一回と言われてます。


自動車買取相場表.com


FX