自動車買取相場表

種類と特徴をチェック

エアクリーナーとはエンジンやエアコンの吸気部に取り付けられているフィルターのことですが、このエアクリーナーにも様々な形状を持ったものがあります。
まずは蛇腹状に折り曲げられ、表面積を稼いだ、ろ紙が金属製などのケースに納められた乾式。油をしみこませたスポンジを乾式のろ紙の代わりに用いられたものを湿式。

エアクリーナーケース自体にオイルをためて、埃をオイルの粘性にとらえる、オイルバス方式(このオイルにはエンジンオイルを使うのが一般的です)。乾式のろ紙にオイルをしみこませて、埃などの吸着量を向上させた、ピンカス方式。乾式の吸気の際、エアクリーナーケースの中で渦を起こし、空気と埃をあらかじめ遠心力を使って分離しておくことで乾式の寿命を延ばそうとした、遠心力エアクリーナーケース方式といった以上のようなものがあります。これらの中でも、乾式が一番一般的に用いられる方式ですが、スポーツ走行に用いられる場合は、抵抗を極力削るという面で湿式が用いられることがあります。

メンテナンスは方式によって微妙に異なります。乾式は交換時期が来れば、素材そのものが痛んでしまうため、フィルターそのものを交換します。湿式は素材が痛んでいない限り、オイルのみを交換し、オイルバス方式はこの方式の特性からオイルしか交換しません。
このようにエアクリーナーは様々方式があるので、車の用途、車種にあったものを使うことが大切です。


車買取の詳しい情報はこちら


FX