自動車買取相場表

ウインドウの磨き方

車は使用している間に色々な部分が汚れてしまいます。
その一つとして挙げられるのがウインドウです。
特に外側というのは常に露出している訳ですので、色々な汚れが付着しています。
汚れがあると運転の妨げになってしまいますので、安全の為にも普段からお手入れをしておく必要があります。

磨き方としては、まず油膜を落としてあげる事が大切です。
油膜が付着している状態ですと、対向車のヘッドライトの明かりが乱反射する事になりますので、それによって視界がかなり悪くなってしまいます。
特に雨の日になると視認性が極端に落ちてしまう事もありますので、気になり出す前に対策をする事が大切です。

その際には専用の油膜落としが役立ってくれます。
なかなか水洗いだけでは落とす事ができませんので、専用の薬剤を使って磨いた方がスッキリ綺麗な状態にする事ができます。

油膜を落とす事によって視界が大分良くなりますが、大切なのはその状態をキープする事です。
その為にも撥水をしっかりと行っておく必要があります。
撥水をする事によって油膜が付き難くなりますし、雨天の際にも視認性が良くなります。
撥水をする時にはボディに薬剤が付着するとシミの原因になってしまう事もありますので注意が必要です。


車買取の詳しい情報はこちら


FX